メニエール病の改善に漢方薬が良いの?

メニエール病というのは、性病医学の観点から見ると、内リンパが内耳の中で貯まりすぎてしまっていることによってないリンパ水腫になってしまい、発祥してしまっていると考えられています。そのため、メニエール病と診断されたら、利用薬が処方されて、服用することが多いです。

反対に、東洋医学の観点から見ると、水分が必要以上に体の中にたまってしまった状態の水毒であったり、血液の循環が悪くなってしまっている状態の悪血が原因によってメニエール病になってしまっていると考えられています。そのため、東洋医学では、その原因を解消するための漢方を処方するということが多いです。漢方以外にも蜂の子のサプリも人気を集めていますね。

最近、この漢方が西洋医学でも取り入れられているということも増えてきており、とてもポピュラーな存在になってきています。この漢方薬を使って治療方法についてお話をしていきたいと思います。

漢方の世界では、人間の体は血・水・気によって構成されていると考えられています。メニエール病などのめまいの症状というのは、水分が正常に輩出されていないことで、水毒になってしまっていることが原因だとされています。この他にも、血液不足である血虚や気が停滞してしまっている気欝、気が逆流してしまっている気逆などがメニエール病の症状を引き起こしていると考えているのです。

漢方で診察をする場合、まず患者さんの普段の生活や状態などといったことを質問されることになるのですが、相性の良い漢方を選ぶために必要なことですから、正直に質問に答えるようにしましょう。

このメニエール病に対して効果が期待できるといわれてる漢方薬とはどのようなものがあるのでしょうか?

・当帰芍薬散
悪血を改善して血液の流れを改善する作用があるといわれており、肩こりや頭痛に有効だとされています。

・五苓散
利尿作用があるとされており、メニエール病の頭痛やめまい、吐き気などの改善が期待できます。

・呉茱萸湯
水毒毒の改善をして、頭痛や吐き気の症状を改善しやすくすることが期待できます。

・半夏白朮天麻湯
こちらも水毒を改善する作用が期待できるとされており、冷え性や吐き気、頭痛、めまいの症状を緩和しやすいとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>